ブログ

奇人変人の父に学んだこと

遺灰は海に蒔け。
葬式なんか一切するな。
バカバカしい。
お金をドブに捨てるようなもんだ。

生命保険も疾病保険も一切不要。
バカバカしい。
お金をドブに捨てるようなもんだ。

暖房も冷房も、テレビも要らない。
バカバカしい。
お金をドブに捨てるようなもんだ。

って ケチケチ言いながら

独り身の父は年中プラプラと旅行に行ってます。と言っても、よくあるシニアの悠々ツアーではなく、自分で改造したキャンピングカーもどきの軽自動車や、折畳自転車とキャンプ用品をかついで、日本や世界をプラプラしてるんです。

そう、父はいわゆる
変わった人です。

とにかくウチの父は若い頃から、家族や親戚・・・というか世間と全く相容れず、社会から相当はみ出した奇人変人でした。

私は小さい頃から「偏屈者の父のせいで我が家は周りから白い目で見られてる恥ずかしい家族」と思って育ってきたし、そんな変人の父に「お前は主体性がなさすぎる」ってビンタされながらスパルタで育ったので、父の思惑とは正反対に

  • 常に人目にビクビクしつつ
  • 超受身で意思のない会社員時代を経て
  • ウジウジしながらも「無難」な人生

を送ってきました (´`)
送ってきたんですがっ

大嫌いだった奇人変人の父を、今になって観察してみると【とても理にかなった生き方】をこの人はずっとしてきたんだ・・・と気付いたわけです。

一切の無駄を削ってそれを丸々【自分にとって大事なこと】に充て続けてきたんですから。

生命保険も疾病保険も1つも入らないし、冷暖房も付けないわけですが、父にしてみれば

  • だからこそ真剣に体を鍛えて
  • 質素ながらも健康的な食生活を送り
  • 浮いたお金で世界を旅行できるから
  • 一石三鳥なんだ、と。

「葬式代に何百万も使うなら、自分の思い出の旅先を楽しく巡りながら、遺灰を蒔いてきて欲しい。遺影はスナップでいいから、スカイダイビングの写真にしてね」って。

それが正しい正しくないの話じゃなく「自分はどうしたいか」「何を自分は大切にするのか」をトコトン突き詰めているんです。

そんな父に感化され、もともと根っからの受け身で「自分は引っ込み思案」と決め込んでた私も、去年6月、主人の父の死を看取った日に「自分はこれで本当にいいの? 」と無難な自分を疑い始めました。

人生って、本当に本当の
1度きりなんだ。。。。。

それを強烈に意識しはじめたのが去年の秋。そこから数カ月をかけて、私はそれまでの38年間の「逃げ腰で なんとなくの人生」と嗚咽しながら向き合った結果・・・翌春には「自分の人生、こっからだ!!!!」って、嬉し涙を流してました 笑

誰だって、いくつになっても、自分の人生は、自分で拓ける。

父なんて、68ですからね。
ボヤボヤしてるなんて、もったいない。

あなたも「自分の人生、どうしたいか」
そろそろ本気で考えてみませんか ?



現在募集中のメンタリングカード1day講座

  • 9月08日(土) 11:00-15:00@梅田
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly

    関連記事

    1. 集客ペライチ作成講座

      ブログ

      集客ゼロで、私のセミナーが売れるワケ

      明日は約3か月ぶりにホームページ作成講座を再開します ^ ^お…

    2. ブログ

      私の人生、劇的ビフォーアフター

      みなさま、大阪よりこんにちは!サイトをやっとリニューアルしてよ…

    3. ブログ

      心の問題は、別問題 ?

      新しく始める講座の7月開講に向けてなにかとチャレンジ中の加守田です…

    4. ブログ

      コミュニケーションが苦手なら、むしろ・・・

      私のネガティブ人生の長年のテーマは 「人とのコミュニケーション」で…

    5. ブログ

      三日坊主の私さえできた [ 習慣化の3つのコツ ]

      【過去のアメブロ転載記事】2015年の10月に子宮筋腫の手術をして…

    6. ブログ

      ずっと、熱くなりたかった私

      【過去のアメブロ転載記事】先週末参加したライフミッションコーチ協会…

    お申込み受付中

      バックナンバー

      PAGE TOP